• TOP
  • ランキング
求人サイト 保育士 > お役立ち > 保育園・幼稚園と認定こども園 その違いについて

薄毛治療クリニックの比較ランキング

一覧ページに戻る

保育園・幼稚園と認定こども園 その違いについて


保育園・幼稚園と認定こども園の違いについて

結婚して家庭を持っていて子供を預けて働く女性は年々増えています。
政府も女性の働きやすい環境を整える施策を検討しているようですがやはり保育園・幼稚園の充実は子育てには欠かせません。

昭和生まれの人にとっては小学校入学前のこどもが通う施設は幼稚園・保育園の2つでしたが2015年の児童福祉法改正により新たに誕生したのが認定こども園です。
それぞれの特徴について少し紹介したいと思います。

幼稚園は3歳以上のこども(未就学児童)に教育を実施するところで学校のように授業をする時間と自由に遊ぶ時間の両方を行っています。
3年保育が基本ですが4年保育の幼稚園も最近増加しています。

保育園は働く女性が家庭外の保育が必要な子供を預ける児童福祉施設のことを言います。
保育園は幼稚園と違い教育をする場所ではありませんので保育を母親に代わってする場所と考えたら良いでしょう。

最後の認定こども園は近年問題になっている待機児童対策の一環として2015年以降に新たに設立された内閣府管轄の保育施設となります。
大きな特徴は幼稚園・保育園双方の特徴を兼ね備えた施設である点です。

認定こども園のメリット・デメリット

今後全国に増加することが望まれる認定こども保育園ですが多くのメリットがあるとともにいくつかのデメリットの存在します。
メリットの一番は幼稚園・保育園のように保護者(母親)が働いているか否かに関係なく入園が可能な点です。

保育園は保護者が働いていること、幼稚園は保護者が働いていないことと入園に条件がありますが認定こども園はこの条件がないところが大きくなっています。
また保育園・幼稚園双方で行われる内容が一緒に受けられる点も大きなメリットとなるでしょう。

現状では園数もシステムもまだまだのところがありますが今後増加することで子育てに対する大きな支援となることが期待されています。
認定こども園のデメリットもいくつかありますので参考に。

保護者の就業の有無に関係なく入園できる反面、園の行事への参加に関しては就業していない保護者への負担が大きくなり、不満が募る可能性があります。
また保育費用が各家庭の収入によって変化するため一般的な幼稚園よりも高額になる可能性も考えられます。


ページトップへ戻る

徹底比較ランキング

保育ひろば

保育ひろばは保育士のアルバイト・バイト・求人情報がたくさん載っています。保育士・幼稚園教諭の全国の求人情報をカンタン検索でき、アルバイトや社員などの仕事・求人を探すのにお勧めです。

公式ホームページを見る

ほいコレ

ほいコレは大阪を中心とした保育士の求人専門サイトです。

説明会やリクエスト登録などもあり、利用者のニーズに沿ったお仕事の探し方ができるようになっています。

保育のせかい

正社員・派遣などあなたに合わせた働き方を選べます。関西中心に保育士のお仕事を紹介されていますので関西にお住まいの方におすすめしたい求人サイトです。